忍者ブログ

地球(テラ)の海の底Blog

地球の底でブルー愛を叫ぶブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「赤の宝玉」(6)【キスブルパラレル】

パラレルの続きです。
このぐらいなら表に出せると判断してこちらに上げます。

「赤い宝玉」(6)


リリーはブルーの長衣もたくしあげた。
リリーは自身の上着を破って脱ぎ捨てた。
豊かな乳房があらわになり、揺れる。

「王太子の留守中に・・・・
あなたが王太子のお気に入りの女を『寝とった』らどうなるかしら。」

「やめろ・・・・!」

ブルーに馬乗りになり、勝手にブルーの性器をつまみあげる。
食い込んだ爪の痛みに顔をしかめるとリリーが笑った。

「役に立つのかしら。王太子の『女』でも」

「やめるんだ!」

ブルーはリリーを押しのけた。
以外に力がはいり、リリーが仰向けに床に転がる。
ドレスのすそがめくれ、リリーの濃い恥毛があらわになった。
はっとして裾をかくす。

「この・・・男娼!」

リリーは短剣を抜き、ブルーに襲いかかった。
剣はブルーのすぐ耳の脇をかすめた。かろうじてのがれる。
リリーはまた剣を振りかざす。ブルーは身をかわし、リリーの後ろに回り込み、手首をつかんだ。
壁に手首をたたき、剣を落とす。なおも拾おうとする身体を抱きとめ、手をひねる。
リリーがうめく。
同時に足で短剣を蹴り、部屋の隅に転がした。防御のため反射的に身体が動いた。
以外に力のでる自分に驚き、やはり女性とは違うのだと自覚した。

「なによ、女も抱けない腰ぬけなの!?なんであんたなのよ !
あたしのどこがいけないのよ!!」

泣きながらリリーがわめく。
ブルーはリリーを背中から抱きしめ、口を必死におさえた。
できるだけ、落ち着いた声で耳元で囁く。

「リリー、僕を罠にはめてどうする。
僕を追い出したいのだろうけど、君もここにいられなくなるよ。」

リリーは振り返って叫んだ。

「あたしはただ悔しいだけよ!」

「もう、あたしは棄てられたのよ!街一番の売れっ子の踊り子だったのに!
後宮に入れて嬉しかったのに!」

リリーは崩れ落ち、泣きだした。
ブルーは落ちていたベールを拾い、リリーにかけてやった。

「そういう・・・気性の激しいところが王太子の目に留まったのだろう・・・。
・・・・君は混血だね。街じゃ苦労しただろう?」

リリーの泣き声が小さくなった。

「僕だって男さ・・・・君みたいな魅力的な女性に迫られたら理性を保つのが難しいさ。
さっきは本当に困った。」

「あんた・・・何者なの・・・・・・。みんなあんたのこと赤目の悪魔って呼んでるわ。」

「さあ・・・僕にも自分が何者かわからない・・・だから買われたんだろう・・・」

ブルーは遠い目をした。

「リリー。僕になんか嫉妬しなくてもいい。
僕は『金で買われたもの』だ。
僕を抱くのも彼の一時の『気まぐれ』だろう。
そんな僕がずっと王太子の興味を惹けるとは思わない。
王太子は・・・キースはあんなだけど、本当は優しい娘(こ)が好きなんだ。
いつか『本当の愛』に気付くときがくるだろう・・・・」

リリーはブルーを改めて見た。

「・・・あんたが・・・なぜ王太子様に気に入られてるかわかった気がするわ・・・」

緑の大きな目を伏せる。

「淋しかったのよ。前は・・・いつもあたしのところに来てた。
キース王太子様が来なくなってずいぶんになる。」

「・・・・・・」

「若い娘が来たのだと思えば、男だっていうじゃない。
悔しいけどあなたは私たちの誰よりもきれい・・・・
それに優しいし・・・・・・使用人たちも噂してたわ。」

ブルーは困った顔をした。

「でもやっぱり悲しいの。待ってるだけの私って何?
どんなに着飾っても香を焚き締めても、寝屋の技術を磨いても、興味がなくなれば棄てられる」

「大丈夫・・・・
キースは『普通』の男性だ・・・・元にもどるさ。」

ブルーは微笑み、リリーのそばにかがみこんだ。

「僕を襲ったことは誰にも言わないから、僕の頼みを聞いてくれる?」

ブルーはおもいついた「いたずら」を耳打ちした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブルーの笑顔は100万ドルの輝き・・・・・
リリーのモデルはララァかなあ。インド系の情熱的美女ってかんじでしょうか。
でももっと大人っぽいイメージかな。あ、ヴァイパかもしれない。
キースの周りには風変りな「美人」が多いという感じでしょうか。
七夕だったので、キースとブルーを再会させようとしたけど、また次回。



 

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31





[10/11 KAORU]
[10/08 しーちゃん]
[06/30 KAORU(管理人)]
[06/28 しーちゃん]
[10/24 KAORU(管理人)]
HN:
KAORU
HP:
性別:
女性
職業:
一応カタギ
趣味:
妄想・ブルーお絵描き
自己紹介:
元々原作ファンで竹宮ファン。2007年4月のTVアニメ「地球へ」放映をきっかけに結城版ソルジャー・ブルーの美しさと強さにノックアウトされ、原作でも映画でもやらなかった二次創作にハマり、本を出す泥沼に落ちる。JUNE投稿歴のある腐女子。
<<「赤の宝玉」(7)【キスブルパラレル】  | HOME |  文体診断ロゴーン>>
Copyright ©  -- 地球(テラ)の海の底Blog --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ